パートナーサブタイトル

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

  1. スポンサー

    UDN香川のスポンサーの紹介です

  2. サプライヤー

  3. メディアスポンサー

チーム最高顧問
松本 育夫(MATSUMOTO IKUO)

栃木県宇都宮市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。日本サッカー後援会現理事長。現役時代のポジションはFW。1968年メキシコシティーオリンピックのサッカー競技で銅メダルを獲得したサッカー日本代表の一人である。

~略歴~

1957年 – 1960年 : 栃木県立宇都宮工業高校
1960年 – 1964年 : 早稲田大学
1964年 – 1996年 : 東洋工業/マツダ社員
1964年 – 1971年、1973年 : 東洋工業蹴球部選手
1971年 – 1975年 : 東洋工業コーチ
1976年 : 東洋工業サッカー監督
1972年 – 1978年 : 日本ユース代表監督
1978年 – 1979年 : U-19日本代表監督
1985年 – 1986年 : U-23日本代表監督
1996年8月 – 1999年途中 : 京都パープルサンガ・チーム統括ゼネラルマネージャー
1999年4月-12月 : 川崎フロンターレ監督
2000年 : 富士通川崎スポーツマネジメント株式会社 社長
2002年4月 – 2003年 : 地球環境高等学校監督
2004年4月 – 2006年 : サガン鳥栖監督
2007年 – 2009年 : 株式会社サガンドリームス 専務執行役員兼ゼネラルマネージャー
2010年 : サガン鳥栖監督
2011年 : 株式会社サガンドリームス アドバイザー
2013年 – 2013年9月 株式会社栃木サッカークラブ シニアアドバイザー兼取締役
2013年9月 – 11月 栃木SC監督

会長兼取締役
中本 邦治(NAKAMOTO KUNIHARU)

中央大学を経て日本鋼管サッカー部に所属。小柄ながら俊足とジャンプ力に優れた主力DFとして日本サッカーリーグ(JSL)151試合に出場した。日本鋼管では田中孝司、倉又寿雄、GK松井清隆らとゴールを守りJSLで1985年からの優勝争い(1985年、1986年-1987年、1987年-1988年シーズン三年連続2位)、1987年JSLカップ制覇に貢献した。代表では1979年、U-20サッカー日本代表としてワールドユース日本大会に出場の他、日本代表として国際Aマッチ5試合、Cマッチ5試合に出場した。1987年のソウルオリンピック予選では加藤久、堀池巧、勝矢寿延、奥寺康彦らディフェンスラインを組んだ。表の“赤い”ユニフォームも着た。

~代表歴~

出場大会など
ワールドユース日本大会
ソウルオリンピック予選
試合数:国際Aマッチ 5試合 0得点 (1987)

監督
加藤修治(KATO SHUJI)

~サッカー歴~

岡崎城西高校(高校選手権出場)
大阪商業大学(総理大臣杯・大学選手権 優勝)
アイン食品(大阪国体選抜)

~指導歴~

1988年~1993年 アイン食品コーチ・監督
1996年 愛知学泉大学コーチ
1997年~2007年 刈谷FCプロジェクトソニアコーチ・監督
2005年~2010年 東海女子技術委員長
2005年~2015年 愛知県サッカー協会女子技術委員長
愛知国体コーチ・監督
2010年~2015年 椙山女学園高校コーチ
2015年~2019年 名古屋FCルミナス監督