パートナーサブタイトル

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

  1. スポンサー

    UDN香川のスポンサーの紹介です

  2. サプライヤー

  3. メディアスポンサー

四国新聞掲載!!UDN香川が綾川に!

県内初「なでしこ」誘致へ

綾川町は、県内で初となるサッカー女子プロサッカーチームの誘致に乗り出した。同町西分の旧西分保育所を年度内に選手寮として改修し、町内に設立されたチーム運営会社に無償で貸与する方針。練習場は町内の運動施設などの使用を想定している。チーム誕生に伴う関係人口の増加を見込み、過疎化が進む中山間地域の振興につなげる。

綾川町がサッカーチーム

9月開会した町議会9月定例議会に、旧西分保育所の改修工事費2500万円を盛り込んだ2019年度一般会計補正予算案と、改修後の施設を選手寮として無償貸与するための「町財産の交換・譲与・無償貸与などに関する条例」の改正案を提案。前田町長は提案理由説明で「無償・減額貸し付けの要件に公共的団体や過疎地域の振興に資する事業を新たに追加したい」などと述べた。

町によると、誘致するのは5月に設立された「UDN株式会社」(同町、中本拓海社長)が運営する女子サッカーチーム「UDN香川」。同社から打診を受け、6月ごろから受け入れを検討していた。

町は誘致により、2013年3月に廃園となった旧西分保育所の有効活用など、人口減少が進む西分地区の活性化につながると判断。チーム側が同地区を中心に町内の教育期間と定期的なレクリエーション活動を行ったり、ボランティア・清掃活動を実施したりすることなどを前提に、町費で旧西分保育所を改修して選手寮として無償貸与したいとしている。

旧西分保育所は敷地面積約2530平方メートルで、鉄筋コンクリート平屋の旧園舎(床面積約500平方メートル)と木造倉庫がある。旧園舎は年度内に間取りや水回りなどを改修して寮生活のできる宿泊施設とする予定。運営会社との契約内容は今後詳細を詰める。

運営会社によると、チーム名は讃岐うどんにちなんだもの。計画では、チーム顧問に日本代表ユース監督などを務めた松本育夫氏を招へい。来年4月に本格始動し、出来るだけ早い時期にプロ化、さらにはトップリーグ昇格を目指すという。

中本社長は「香川県は女子サッカー『なでしこ』発祥の地。綾川町を拠点にスポーツによる地方創生、地域ブランディングを進め、地元の皆さんと一緒に地域を盛り上げていきたい」と話している。